ストーリー

徳川吉宗に鮎寿司を献上し称賛されたことが由縁。 徳川吉宗に鮎寿司を献上し称賛されたことが由縁。


Masunosusi

富山のソウルフードますの寿し 富山のソウルフードますの寿し

富山県の郷土料理として人々に親しまれている「ますの寿し」。誕生は江戸時代、富山藩藩主・前田利興の家臣・吉村新八が、将軍・徳川吉宗に鮎寿司を献上し称賛されたことが由縁といわれています。その後、神通川流域を遡上するサクラマスを使用したますの寿しが主流となり、昭和に入ってからは鉄道網が整備されたことで " 駅弁 " としてその知名度を全国へ広げていきました。現在は環境の変化に伴って、サクラマスの数は激減。富山のますの寿しは、遠方より取り寄せたサクラマスの使用を余儀なくされるようになりました。

かつて県民に食されていたサクラマスをもう一度食卓に。 かつて県民に食されていたサクラマスをもう一度食卓に。


Cultivation

養殖のきっかけ 養殖のきっかけ

天然の生簀と呼ばれる富山湾。沿岸より急激に深くなる特異な地形を持ち、暖流と寒流が流れ込むことで多種多様な魚が湾内で生息しています。富山県内では、新鮮な天然魚がスーパーに並ぶという恵まれた環境にあるため、海水を使って魚介を養殖する「海面養殖」を営む漁業者はほどんといません。しかし陸上で海水を使い養殖する「海水養殖業」を行う「堀岡養殖漁業協同組合」が " かつて富山県民に食されていたサクラマスをもう一度食卓に " との想いから、サクラマスの養殖試験を行うことに。その後幼魚から2年をかけて、サクラマスを約2㎏にまで生育することに成功しました。これを機に関係者によって「射水サクラマス市場化推進協議会」が発足しました。

産湯から育てたものこそが 産地名を名乗るにふさわしい。 産湯から育てたものこそが産地名を名乗るにふさわしい。


Challeng

完全養殖へのこだわりと挑戦完全養殖へのこだわりと挑戦

飼育期間の長い地域が「産地表示」できることから、幼魚より育てたサクラマスは「射水産」と表示することができます。しかし、射水サクラマス市場化推進協議会の委員は口をそろえて「産湯から育てたものこそが産地名を名乗るにふさわしい。人工ふ化から行おう」と提案。このとき奮起したのが、開始当初より指導者として協力していた富山県水産研究所所長の田子泰彦氏でした。同研究所は長年サクラマスの資源・生態研究を行ってきた実績と技術の蓄積のもと、サクラマスの人工ふ化の挑戦を幾度となく行ってきました。庄川流域で鮎の中間飼育を30年以上行う「大門漁業協同組合」に協力を仰ぎ、人工ふ化に挑戦。無事受精卵は発眼し、ふ化率は6割以上となりました。

”生で食せる”新鮮な「いみずサクラマス」 ”生で食せる”新鮮な「いみずサクラマス」


Imizu brand

いみずサクラマスブランドの確立 いみずサクラマスブランドの確立

「堀岡養殖漁業協同組合」、「富山県水産研究所」、「大門漁業協同組合」、「射水市」の共同研究の成果によって、完全循環型の生産体制が確立。現在はふ化した種苗は95%の高い銀毛率となり、2年で成魚として出荷できる安定した生産を行うことが可能となりました。また生産現場を一貫して管理し、庄川の伏流水と富山湾の海洋深層水を使用することで、寄生虫のつきにくい " 生で食せる " 新鮮な「いみずサクラマス」を提供することに成功。加工の際に廃棄される骨や内臓も「魚醤」の原材料として使用し、サクラマスを余すことなく製品化することができました。製品の安全性を確立すべく、検討調査、製造検証を徹底して行いながら、「いみずサクラマス」のブランド化はスタートしました。

いみずサクラマスのシンボルマークは、養殖場で力強く泳ぐ32(みず)匹のサクラマスのシルエットをモチーフにしており、象っている「円」はつながり(和)や循環などを表現する縁起の良いものの象徴です。